保険

JA共済の医療共済と医療保険の違いはコレ

  1. HOME >
  2. 保険 >

JA共済の医療共済と医療保険の違いはコレ

JAの医療共済ってどうなの?

こんな疑問にお答えします。

 

 

JA共済の医療共済

 

JA共済の医療共済は、保険料が高いので個人的にはおすすめしません。

その理由を実際のプランを元に解説していきます。

JA共済の医療共済には、保障期間が80歳までの医療共済と保障期間が一生涯の終身医療共済の2つがあります。

下記の表を元に、終身医療共済のプランを元に解説していきます。

【JA共済の終身医療共済】

項目 選択 選択肢
【必須】    
保障期間 終身 終身 or 80歳
払込期間 60歳 60歳 ~ 99歳
日型 60日 60日  or 120 日 or 200 日
日額 1万円 3000円~10,000円 ※1,000円単位
払方 月払い 月払い or  年払い
【任意(オプション)】    
先進医療 あり あり or なし
入院見舞金 あり あり or なし
三大疾病重点保障特則 あり あり or なし

25歳で表の選択の内容でJA共済の公式ホームページで2021.1.1 現在試算すると、

毎月の保険料が男性、女性で次の通りです。

 

男性:13,961 円

女性:15,527 円

 

60歳までの総額の保険料支払額は、男性、女性で次の通りです。

 

男性:5,863,620円

女性:6,521,340円

 

【保障内容】

保障は一生涯で、保険料の払い込み期間は60歳。60歳で保険料の支払いは完了し、その後は保障だけが継続されます。

入院した場合は、日額/入院日数×1万円と入院見舞金の10万円が保険金として支払われます。1度の入院で継続して入院できる日数は60日です。

※三大疾病重点保障特則を付帯しているので、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中については、60日の制限がなくなり、無制限で入院日数×1万円が支払われます。

手術をした場合は、入院中が20万円、日帰りだと5万円がさらに支払われます。放射線治療をした場合は、入院・通院は問わずに10万円が支払われます。

※三大疾病重点保障特則を付帯しているので、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中については、入院中が40万円、日帰りが10万円、放射線治療だと20万円が支払われます。

加入後は日額を下げる事は1,000円単位で可能です。

また、任意(オプション)は途中でやめる事が可能です。

保障期間や払込期間、手術金や放射線の金額のみの変更は出来ません。

よく確認して加入するようにして下さい。

ちなみに、JA共済を管轄しているのは、農林水産省です。

男性と女性で年齢も保障内容も全く同一で保険料が結構違いますよね。女性の方が疾病ごとでみた平均の入院日数が長いためだと考えられます。医療保障はどこの共済や保険会社でもこのように女性のほうが掛け金は高くなることが多いです。

保険会社の医療保険

チューリッヒ生命の医療保険の場合だと、どうなるか比較していきます。

 

項目 選択 選択肢
【必須】    
保障期間 終身 終身
払込期間 60歳 10年,55歳,60歳,65歳,70歳,75歳,終身
日型 60日 60日  or 120 日 or 30 日
日額 1万円 5,000円 or 10,000円 or 15,000円
払方 月払い 月払い or  年払い
【任意(オプション)】    
先進医療 あり あり or なし
入院一時金 10万円 5万円,10万円,15万円 or なし
7大疾病入院延長 あり あり or なし

 

25歳で表の選択の内容でチューリッヒ生命の公式ホームページで2021.1.1 現在、試算すると、

毎月の保険料が男性、女性で次の通りです。

 

男性:5,156 円

女性:6,554 円

 

60歳までの総額の保険料支払額は、男性、女性で次の通りです。

 

男性:2,165,520円

女性:2,752,680円

 

【保障内容】

保障は一生涯で、保険料の払い込み期間は60歳。60歳で保険料の支払いは完了し、その後は保障だけが継続されます。

入院した場合は、日額/入院日数×1万円と入院一時金の10万円が保険金として支払われます。1度の入院で継続して入院できる日数は60日です。

※7大疾病入院延長を付帯しているので、ガン・心疾患・脳血管疾患・糖尿病・高血圧性疾患・腎疾患・肝疾患については、60日の制限がなくなり、無制限で入院日数×1万円が支払われます。また、精神疾患は365日まで対象となります。

手術をした場合は、入院中が20万円、日帰りだと5万円がさらに支払われます。放射線治療をした場合は、入院・通院は問わずに20万円が支払われます。

加入後は日額を下げる事は1,000円単位で可能です。

また、任意(オプション)は途中でやめる事が可能です。

保障期間や払込期間の変更は出来ません。

よく確認して加入するようにして下さい。

ちなみに、保険会社や保険代理店を管轄しているのは金融庁です。

 

まとめ

JA共済と保険会社の保障内容はほぼ同じです。

しかし、保険料は全く違います。

毎月の差額保険料が男性、女性で次の通りです。

 

男性:8,805 円

女性:8,973 円

 

 

60歳までの総額の保険料支払差額は、男性、女性で次の通りです。

 

男性:3,698,000 円

女性:3,768,660 円

 

こののような差が生じます。

共済は保険料が安いとイメージをお持ちの方も多いと思います。

そのイメージや、親から加入をすすめられたから等で、保険を比べもせずに加入する事は賢い選択と言えるのでしょうか。付き合いで保険に加入するのも良いですが、果たしてこの差を埋める程の付き合いはあるのでしょうか?

保険は義理で加入するものではありません。

保険料の払い過ぎは、数十年後の後悔に繋がります。分からない事や面倒な事をそのままにしてはいけません。

-保険

© 2021 インパラ77 Powered by AFFINGER5