節約

新車の値引き交渉法がコレ

  1. HOME >
  2. 節約 >

新車の値引き交渉法がコレ

車を購入する際に値引き交渉をどの様に行えば良いか?

お悩みではありませんか。

実体験に基づき、新車の値引き交渉法をお伝えします。ディーラーの友人にも驚かれました。

基礎知識

自動車ディーラーの営業の方もノルマがあります。

よって、時期や営業の方の販売状況により、

値引き出来る金額は異なりますし、

値引きをしてくれる人であるかは、話してみなければ分かりません。

相手の方がすごくいい人だから値引きなんて自分から言えないという方は、

その考えをまず捨てましょう。

値引きを交渉しないなんてもったいないです。

 

値引き順序

1、ほしい車を決める

例:トヨタのノア

2、他のメーカで類似車が何か調べる

例:ノアの類似車はニッサンのセレナ

3、店舗をハシゴ

トヨタではセレナと悩んでいる。

ニッサンではノアと悩んでいると言う。

あとはシンプルに値段が下がる事ってありますかと聞くだけ。

これで、基本的に10万円は下がります。

下がらない場合は、店を変えましょう。

新人さんが担当される場合は値引き交渉は難しいです。

番外編:県外店舗に電話

私の場合は当時住んでいた地域で、トヨタ、トヨペット、ニッサン、マツダ、スバルの店舗へ行きました。

その後、地元の店舗に電話。

その時の会話内容は・・・

今、ノアの購入を考えています。

ただ現在、県外に住んでいます。

そちらの店舗のすぐ近くに実家もあり、安く購入出来るならそちらで購入したいとも考えています。

今購入を検討している先では10万円の値引きしか出来ないと言われたのですが、 そちらでは10万円以上の値引きは可能でしょうか?

担当者:

『少しお待ち下さい』

1分後・・・

40万円あれば可能です』

実際に購入しました。

まとめ

10万円の値引きは基本誰でも出来ます。

担当者に遠慮せず、値引き出来ますかと聞く事が出来るかだけです。

ただし、地域によっては、値引き交渉をする文化がなく、全く応じてもらえない事もあります。

10万円以上の値引きとなれば、県外店舗(値引きしてもらいやすい地域)にも電話し、

同じ車で値引きをいくらしてくれるのかを把握する事も大切です。

重要なことは

情報収集

担当者に悪いと思わない

悩んでいるフリをする

知人から購入しない

 

車を購入する際は基本的に住民票がある県(地域)でしか、購入は出来ませんので注意して下さい。

 

保険は不要?知っておきたい6つのコト

 

-節約

© 2021 インパラ77 Powered by AFFINGER5