チャンピオンズリーグ

スペインサッカー地に墜ちる?CL4強入りならず

注目ニュース

  1. HOME >
  2. チャンピオンズリーグ >

スペインサッカー地に墜ちる?CL4強入りならず

1:

CL4強に1チームも進めず。スペイン流のサッカーは限界を迎えたのか
https://www.footballista.jp/news/95446

UEFAチャンピオンズリーグでレアル・マドリーがマンチェスター・シティに、アトレティコ・マドリーがRBライプツィヒに
バルセロナがバイエルンに敗れ、スペインである議論が起きている。

「スペイン勢は、欧州の流れに取り残されていこうとしているのか」

■リズムの遅いサッカーは時代遅れ?

国籍ではなく戦術面に注目すれば、スペイン勢のリズムの遅いサッカーは時代遅れになりつつある、という前兆かもしれない。

リーガでもインテンシティが高く、ボール出しにプレスをかけてくるエイバルやヘタフェ、グラナダ、オサスナのようなチームはあり、増加傾向なのだが、いずれもテクニック不足を補うための手段として使われている。

Rマドリーやバルセロナ、Aマドリーの3強からすれば、かわしていればいずれ相手は息切れし、最後はクオリティの優位で勝てる、という計算が立つ。

だが、マンチェスターCやライプツィヒ、バイエルンのようにテクニックがあり、かつ高リズムのチームはない。
後ろから繋ぎ、こちらがプレスをかけようすればかわされて自陣に釘付けにされ、こちらがボール出しをしようとすればプレスをかけられ、やはり自陣から出られない。
ポゼッションとハイプレスを両立させた戦術に内容で圧倒され、その当然の帰結として敗れたのが今回のCLだった。

唯一、セビージャがハイテンポのサッカーを実践しているが、90分間続けるわけではないし、勝ったものの押し込まれたUEFAヨーロッパリーグのマンチェスターU戦を見る限り
戦術的な優位に立っているとは言えないだろう。

1回大差で負けたぐらいですごい言われようやな

2:

■テクニックの優位も幻想か

リズムの優位に対抗するものとしてスペインで常に言われているのが、テクニックの優位。つ
まり、パスを繋いでリズムを落とすことだ。だが、そのテクニックの優位は幻かもしれない。

プレスにさらされた時のRマドリーやバルセロナのボール出しの拙さはどうだ。プレスは心理的な重圧でもあり、焦って力を出せなかったという面を差し引いても
パスミス、トラップミスの連発には目を覆いたくなった。同時に、それはボール出しがパターンとして確立されていない戦術的な未熟さも明らかにしていた。

リーガは2強に対抗していくことで強くなっていった。だが、今季と昨季の優勝チームの勝ち点87は、08-07シーズン以来の低水準である。
3強以外のチームが力を付けたのかしれないが、3強のレベル低下は否定できないだろう。

監督交代が必至のバルセロナ、戦術的な行き詰まり感のあるシメオネのAマドリー。
タレントにハードワークさせるジダンのRマドリーにしても、戦術的な修正はあっても意識改革という意味合いが強かった。

新シーズンの3強がどうなるか、欧州カップ戦がどうなるか、ルイス・エンリケ率いる代表も同じように取り残されるのか。注目していきたい。

 

3:
no title

 

4:
高齢化

 

5:
ボロ負けしたのにまだ言い訳してるのがいて悲しくなるね

 

6:
セリエだけは本当に終わってずいぶん経つ

 

7:
現スペイン最高の選手がCBのラモスはやばいな攻撃は誰いるのか分からんレベル

 

8:
じゃあリーグアンがレベル高いかっていうと?

 

9:
リーガは高齢化

 

10:
残ってるのはブンデスとリーグアン定期

 

11:
メッシが凄すぎて誰も次のエースなんてやりたがらないだろうな
自信満々で入ってもメッシならってずーっと言われ続けるなんて地獄

 

15:
一つ言えるのはドイツの戦術レベルは間違いなく高まり続けてる

 

19:
まあレアルはずっとこうだからな
バイエルンとマンUはほぼ安定してるのがすごいが

 

55:
>>19
マンUの安定って悪い意味の安定って事?

 

59:
>>55
まあELにいる時点でね…

 

20:
バルサはメッシがいなくなったら暗黒期だろうな
アトレティコもシメオネが去ったらどうなるか

 

26:
まあCLELから最初に消えたのはプレミゃーなんですけどね

 

30:
CLはベスト8、ELはベスト4止まりのプレミアがやばい

 

31:
テクニックあるやつはフィジカルないと言う風潮ね
バルセロナはフィジカル怠りすぎたな

 

33:
移籍金歴代トップ3のコウチーニョデンベレグリーズマンが全部ダメって

 

34:
シーエルにもイーエルにも1チームも残ってないリーグはどうやねん

 

35:
ビジャレアル主力級10人補強したらしいな
バルサより上位フィニッシュあるか

 

158:
>>35
監督がエメリという・・・

 

454:
>>158
プレミア以外のエメリは強いぞ

 

37:
グリーズマンなんかとるより
ペドロ買い戻した方がよかったろ

 

40:
VAR導入されたらスペインは勝てなくなるって
前から言われてたからその通りになっただけ

 

43:
カンテラすごい!夢いっぱい未来が明るいバルサ!!・・・だったのが加齢臭漂う老人クラブになるとはな

 

52:
>>43
言うてブスケツの下にセルジロベルトくらいしか出とらんし

 

562:

>>52
アダマトラオレ
ダニオルモ
ファティ
タケ
シャビシモンズ
エリックガルシア
グリマルド
ククレジャ

俺たちがバルサの未来や

 

45:
今後はブンデスも底上げされるのかな
バイエルン一強のイメージがなくならないとなんかつまんないリーグって感じだけど

 

51:
>>45
セリエのが1強定期

 

78:
>>45
ドルトムントとライプツィヒがあるからセリエやアンに比べればまだ競争力あると思う

 

121:
>>45
日本人一杯いた頃に比べて選手の底上げはされたよ
ただプレミアみたいに4つぐらいビッグクラブができるかってそれは不可能

 

47:
サッカー素人だからよくわからんが今の時代に全盛期のバルサとかスペイン代表がいても通用せんの?

 

54:
>>47
いやある程度勝てるとは思う

 

56:
>>54
それなら戦術の問題というより高齢化か
ポゼッションサッカー自体が何か戦術的に攻略されたのかと思った

 

81:
>>56
戦術自体は大きく様変わりしとらんバルサハゲがトレブル取ったサッカーもハイプレスのポゼッション
ボールが相手に渡ったたら速攻でプレスをかけてボール奪取してひたすらティキタカでポゼッション支配するサッカーが全盛期バルサ

 

114:
>>81
それが攻略されたというよりそれを実践できなくなっただけなんかね
メッシ時代も終わりそうだしバルサどうなるんだろ

 

60:
>>47
ある程度通用はするやろが
そいつらに対抗するために守備ガチガチで
前線に早くてでかいやつ揃えて
ボール刈り取り次第高速カウンターみたいな戦術が浸透したからなぁ

 

79:
>>60
その戦術自体は10年前からあるやつやん
そういう相手でも平気で倒せてたのにな

 

90:

>>60
いつだかのCL準決で、ボールとられたトーレスが守備に戻らず
たまたまボール奪ったチェルシー側が残ったトーレスにボール出したら
そのまま独走になってバルサにトドメ刺したのを思い出した

ポゼッションサッカーってプレスかけるより素直に引いてカウンター狙う戦術の方がいいのかね

 

105:
>>47
そもそも全盛期ペップバルサって今でこそポゼッションだけとりあげられるが、クロップのとハイプレスのパクリ元になったくらい凄まじいプレスかけてたからな
決してポゼッションだけのチームじゃなかった

 

122:
>>105
そうだよな
メッシビジャペドロのチェイシングが外されたらもうブスケツが詰めてきてた印象がある
それくらいコンパクトで激しい守備してた

 

136:
>>105
たしかボール失った時の約束事みたいなのあったよね
戦術的にまだ死んでないなら今後も日本はそれ理想にしていくのかねえ
なんかもう今の代表は何がやりたいのかさっぱりわからんが

 

141:
>>105
単純にバルサ以外が連動したプレスなんてやってなかったからボコれたんやろな
このバルサのお陰でどこもやるようになった結果アスリート能力を更に求めるようになった

 

153:
>>141
一人がプレスしたらそのスペースを後ろの選手が素早く埋めるんだよな

 

169:
>>153
イブラ「周りのプレスなんか知るか」

 

207:
>>169
ペップ「イブラほしいなあ…」
ペップ「ファッ!?なんやこいつ地蔵やんけ!干したろ!」
イブラ「最も幼稚なコーチ」

 

213:
>>141
あとクロップ、ハインケスとかのハイプレスがポゼッションに相性いいのがでかいわな
それもあってペップはバイエルンでもシティでもCLとれないしな

 

-チャンピオンズリーグ

© 2020 サッカークロニクル Powered by AFFINGER5