日本人

サッカー【第2の釜本】とは何ぞや?

注目ニュース

  1. HOME >
  2. 日本人 >

サッカー【第2の釜本】とは何ぞや?

1:

かつて、メキシコ・オリンピックで得点王になった釜本邦茂には、南米やヨーロッパの有名クラブから獲得のオファーが殺到した。ドイツの有名クラブでプレーする計画も実現間近となっていた。Jリーグが始まって27年が過ぎても、彼を超えるストライカーは現れない。あらためて考えたい。どうしたらこの国に、ワールドクラスの点取り屋が誕生するのか。

■バイエルン・ミュンヘンでプレーする計画も
1944年4月15日に京都で生まれた釜本は、1960年代から1984年にかけて早稲田大学、ヤンマーディーゼル、そして日本代表で活躍した。ヤンマーの選手、後に監督兼選手として日本サッカーリーグ(JSL)で251試合に出場して202点(80.1%)を記録、プレーした17シーズンのうち7シーズンで得点王となっている。何より、JSL時代全27シーズンで釜本に次ぐ通算得点記録が85点であるということを知れば、彼がいかに隔絶したストライカーであったかがわかるだろう。通算シーズン数がJSLとほぼ同じで、年間の試合数がJSL時代の2倍以上にもなるJリーグ(J1)でさえ、現時点の最多通算得点は大久保嘉人の185点(17シーズン、448試合=41.3%)なのである。

日本代表では、釜本の時代にはクラブチームとの対戦が多く、Aマッチは限られていた。近年は100試合を超す選手も少なくないが、釜本のAマッチ出場数は76試合。その試合数で75点を記録している。こちらも、釜本に次ぐのは三浦知良(カズ)の55得点(89試合)と、2位以下を大きく大きく引き離しているのだ。

メキシコ・オリンピック(1968年)での得点王も特筆される。この大会で日本は3位決定戦まで6試合を戦って9ゴールを記録、そのうち7点が釜本(残りの2点はともに釜本のアシストにより渡辺正が記録)だった。日本は常時5人のDFを配して2人のMFとともに守備を固め、左ウイングの杉山隆一がロングパスを追ったり自らドリブルで進んでチャンスをつくり、そこからのボールを釜本が決めるという非常にシンプルなサッカーをした。釜本の決定力あっての銅メダルだった。

当時24歳。釜本は自己のサッカーを完成させ、まさに世界的な選手になっていた。前年までは、大型選手にありがちな動きの緩慢さが目立っていた。すでに自分の型はもっていたが、ボールを止め、ターンして、打つという3プレーがひとつひとつ分かれていたのだ。しかしこの年の1月から3月にかけて単身で西ドイツに短期留学、ザールブリュッケンのスポーツシューレで州主任コーチのユップ・デアバル(後に西ドイツ代表監督)に鍛えられ、まったく別の選手になった。プレーが流れるように一連のものとなり、スピード感が格段に増したのだ。

メキシコ・オリンピック後にはブラジル・サッカー協会創立50周年を祝う記念試合の世界選抜に推挙された。そしてオリンピックで釜本のプレーを目の当たりにしたメキシコはもちろん、欧州や南米のプロクラブから多数のオファーも受けた。彼の恩師であるデットマール・クラマーが計画したように、西ドイツのトップチーム、たとえばバイエルン・ミュンヘンでプレーしていたら、おそらく当時世界最高レベルにあったブンデスリーガのトップスターのひとりになっていただろう。間違いなく、釜本は「ワールドクラス」の選手だった。

釜本の後、Jリーグ時代になって、世界のトップリーグで活躍したアタッカーは少なくない。中田英寿をパイオニアに、小野伸二、中村俊輔、香川真司、本田圭佑、大迫勇也、南野拓実……。しかし私にとって、「日本サッカー史上最高の選手」はいまも釜本なのだ。時代を超えてサッカー選手を比較するのはあまりフェアではないかもしれないが、中田以降を見ても、「ワールドクラス」と言えるまでの選手はいない。日本サッカー史上、「ワールドクラス」は釜本ただひとりなのである。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/adade89669ae3b282024aa575bd22ee1ff41fda1?page=1
no title

121:
>>1
確かに今の基準で見たら全然ワールドクラスではない
でも当時の基準で見れば突出したFWだったのは明らか
先日お亡くなりになったサッカー実況アナの金子勝彦さんもおっしゃられてたけど
釜本の全盛期のレベルはワールドクラスと言ってよかった
惜しむらくは欧州移籍がかなわなかったこと
もし欧州でプレーしていれば現在の評価も変わっただろう

 

128:
>>1
トレーニングや栄養学が発達した今の時代においてもあんな全てを跳ね除けるような太腿したストライカーは現れてないな
あの土台は異次元

 

172:
>>1
.岡崎の方が上だから

 

199:
>>1
守備免除時代の英雄
いや、十分にすごいんだけど

 

4:
釜本の現役時代知らないんだけどそんなにすごかったの?

 

7:
>>4
筆者が言うほど凄かったら日本をW杯に導いてると思うけどね

 

217:
>>7
サッカーが全然違う。メキシコ銅メダルのゴールもゴール前で地蔵のように立ってて杉山のパス待ってる。
相手ディフェンダーも削りにも来ずポジションでゴールみてる。

 

6:
余裕で岡崎の方が上

 

12:
とりあえず史上最高のストライカーは間違いなく岡崎だろ。

 

13:
中田は充分ワールドクラスと言って良かったろ

 

94:
>>13
ワールドクラスがパルマの右サイドで汚れ役やるかよ

 

129:
>>13
中田は準ワールドクラス
ワールドクラスってのはCLで優勝するようなレベルのチームにおいてレギュラーはれる選手のこと

 

14:
ヨーローパのリーグで大活躍したわけでもなく
ワールドカップで大活躍したわけでもない
人をワールドクラス言われてもね
これ書いた奴老害すぎるだろ

 

16:
今釜本が現役だったら
守備しないFWなんか使えないって
よってたかって潰してんだろ
それが日本サッカーだろうがよ

 

22:
>>16
そういうのはメッシ級以外世界共通だよ
ブラジルですら通用しなくなったから欧州流を取り入れてる

 

242:
>>16
釜本自身が自分は守備しないやつだからいまなら使わないてって言ってるしな

 

25:
昔のドーハの頃とか1995年頃とかの日本代表の試合YouTubeで見てみ
レベル低すぎて飯吹くよ

 

28:

プロが全く参加してなかった時代のオリンピックだからじゃないの
今みたいなU-23のプロ参加ってのもだいぶ後の時代になってからでしょ

調べたらハンガリーが金メダル、ブルガリアが銀メダルとか
ガチ感が全く無い

 

32:
あの時代と現代じゃサッカーのルールも戦術の成熟度も違うんだから一律に語るのはナンセンスだと思うな

 

33:
なんで海外行かなかったん?

 

206:

>>33
引退後の保証とか天秤にかけて日本企業に所属することを選んだ。
当時は今みたいに日本でプロが確立されてなかったから。

現在、プロになって海外に出ていけるってのは日本サッカー界が頑張って積み重ねた結果なんだよね。
ありがたみわかってない選手多いけど。

 

237:
>>206
奥寺もそれでケルンのオファー断ったらしいな
古河電工って大企業だし
上司の川淵(三郎)には、こんな二度とないチャンスをなんで断るんだよ、と背中を押されたとか

 

34:
文句なしに中田が1番だよ

 

37:
岡崎の方が間違いなく上だろ

 

46:
記事のコメント欄でもどういう根拠で話してるんだって結構批判されてるな
まぁお爺ちゃんライターの戯言として生暖かく見守ってればいいのでは

 

53:
釜本ってアマチュア相手に活躍しただけで本当にすごいのかなんてよく分からん選手だしなあ

 

57:

釜本が日本代表だったころのW杯予選結果

イングラン1966不参加
メキシコ19701次予選敗退(3位)
西ドイツ19741次予選敗退(ゾーンA準決勝)

アジア最終予選にも進めなくて何が「ワールドクラスの点取り屋」だよ

 

-日本人

© 2020 サッカークロニクル Powered by AFFINGER5