日本人

【鈴木武蔵】ベルギーデビュー、母が語る暗黒の少年時代

注目ニュース

  1. HOME >
  2. 日本人 >

【鈴木武蔵】ベルギーデビュー、母が語る暗黒の少年時代

1:

8月30日、J1札幌からベルギー1部リーグ「ベールスホット」へ移籍した鈴木武蔵(26)が、スタンダール戦で新天地デビューを果たした。
昨季は札幌でチーム一の得点を重ねる大活躍を見せた鈴木だが、日本を代表するFWとして注目を集めるようになったのは最近のことだ。
ジャマイカ生まれの鈴木を女手ひとつで育て上げた母親に、これまでの軌跡を語ってもらった。

***

鈴木の母・真理子さんは、群馬県太田市で地域密着型の英語塾「地球塾イングリッシュスクール」を経営しながら、鈴木を育てた。
ベルギー移籍の第一報が出た直後の8月15日、塾を訪ねると

「まだラインでしか話を聞いていないんで、よくわからないんです。『今から(メディカルチェックを受けるために)飛行機に乗る』って送られてきただけで」
と言いながらも、取材に応じてくれた。

鈴木は1994年に、真理子さんと、ジャマイカ人の父親との間で生まれたハーフ。
「20代のころ、私は旅行代理店に勤めながら、バックパッカーをしていたんです。休みになると、東南アジアやインドを一人で貧乏旅行して回る日々でした。あるとき業界誌を見ていたら、『ジャマイカ勤務員求む』って募集広告が目に入り……。
実はその直前、仕事でバハマに行って帰ってきたばかりで、それを見た瞬間、『カリブ海が私を呼んでいる!』ってなっちゃったの。すぐに前の仕事を辞め、2週間後にはジャマイカに飛び立っていました。
その後、向こうで出会った男性との間で生まれたのが武蔵です」

「お母さん、どうやったら白くなれるの?」

武蔵という名は、日本人らしく、という思いを込めて真理子さんがつけたという。
「宮本武蔵から取りました。日本人っぽい名前と考えたとき、武蔵しか思いつかなくて……。サムライだし強い感じでいいでしょう。ジャマイカでは、私は日本では考えられないような育て方をしていました。
向こうでは5歳でも小学校に入れるんだけど、私はあの子を一人で乗り合いタクシーに乗せて、小学校まで通わせてたの。お金を持たせて、自分でランチまで買わせいました。でも、そのおかげか、小さなころから自立心を育てられたとは思っています」

2000年に帰国。現在も住む太田市の実家での生活が始まった。
「夫とは別れて日本に戻ってきたので、それからはずっと母子家庭です。私はおカネを稼ぎに外に働きに出ないといけなかったので、子育てはおじいちゃん、おばあちゃんに任せきり。
英語塾を立ち上げたのは武蔵が小学校6年生くらいのころで、それまでは夜遅くまで、学習塾や企業の研修など英語講師のバイトを掛け持ちする日々でした。幸い武蔵は小学1年生の入学直前から日本での生活がスタートできました。

まだ小さかったからすぐに日本語も覚えて、順応できたんですが、小さいころはよく肌の色でいじめられてね……。『コロッケ』『ハンバーグ』って言ってくる子たちがいたんです。カチンときて鉛筆を投げつけたりする事件も何度かあった。
彼に“お母さん、どうやったら白くなれるの?”って言われたこともありました」

思い悩む息子に母はこうさとしたという。

「“私はあなたの肌の色が大好き。だから、そのままでいいのよ”って。でも、おじいちゃんが、“シッカロール(ベビーパウダー)が効くんじゃないか”なんてことを言うもんだから、真に受けて夜な夜な塗っていたこともありましたね。
でも、根がお調子もんだし運動もできたから、そんな苦労も乗り超えて、すくすく成長してくれた。サッカーを始めたのは小学校2年生です。指導者にも恵まれて、特待生で桐生第一高校に進学。卒業後に『アルビレックス新潟』入りも決まりました」

9/1(火) 5:56配信 ディリー新潮
https://news.yahoo.co.jp/articles/8e4ed69eb848bc0854330f416f9bab7bf4232857

肌の色とかで差別する人の思考回路を疑うわ、ダセぇ

4:

お金で苦労をかけたくないから、とプロ入り

ただ、プロ入り前には、大学進学との間で思い悩んだ時期もあったという。

「早稲田(大学)の人間科学部への進学も考えて、所沢まで面接を受けに行ったりもしたんです。けど武蔵は、“やっぱりプロになる”って。私は大学の学費くらいなんとかするって言ったんですが、お金で苦労をかけたくないって思ったみたいなんです」

そうしてスタートしたプロ生活だったが、決して順風満帆ではなかった。

「アルビ時代には、『水戸ホーリーホック』『松本山雅FC』と2度レンタルに出されたんですが、水戸では怪我に泣き、松本では監督にあまり使ってもらえなかった。芽が出だしたのは、18年に『V・ファーレン長崎』に移ってからのこと。日本代表のFWだった高木琢也監督の指導で、ようやく結果が出せるようになったのです。長崎で初めて2桁得点を挙げられた。そして昨年、札幌に移籍し、日本代表にも呼んでもらえるようになったんです」

札幌でチームメイトと始めた“一人親支援”
札幌でもチームトップの13得点をあげる活躍をみせ、今回のベルギー移籍へと繋がった。もっとも真理子さんが感じる息子の成長は、サッカーの成績ばかりではないという。

「最近、ボランティアも始めましてね。『Hokkaido Dream』という団体をチームメイトらと立ち上げて、一人親家庭や児童擁護施設の子どもたち招待したサッカー教室を札幌で開催しているんです。児童擁護施設に弁当を差し入れるフードレスキュー活動も。母子家庭で苦労させましたが、そんな経験を生かして社会貢献してくれている姿は誇りです」

真理子さんにとっての最大の親孝行は、この調子で鈴木が世界を舞台に活躍し続けることだという。

「私は旅人ですから。武蔵のおかげで、これまで行ったことのない国を回って来られました。リオ、マレーシア、メキシコ、カタール……。その中には、一人なら決して行こうとはしない国も含まれています。でも、武蔵が試合しに行くなら応援に行ってみようって思うじゃないですか。で、いざ行ってみると、初めて触れる文化に先入観が打ち砕かれたりする経験が面白くて。ベルギーにも行ったことがないんで楽しみです」

はたして、2年後にワールドカップが開かれるカタールへ、鈴木は再び母親を連れていけるのか。新天地ベルギーでの活躍に期待したい。

 

45:
>>1
新潟時代は正直クソだったな
ずーっと期待してて、レンタルに送り出された時も応援してたが……
降格した年のフルボッコにされた浦和戦で開始直後にゴール奪ったのがアルビでのハイライトか

 

109:
>>45新潟時代の武蔵のハイライトは鞠の優勝を阻止した試合でのゴールだな

 

2:
まあ今イケメンやからええやん

 

6:
黄色くなれるの間違いだろ

 

10:
鈴木は一昨日の試合でもシーズン2点目を決めたね

 

21:
ストロングチューハイを飲んで忘れるんだ

 

25:
大坂なおみがダッシュで来そうな話

 

26:
なんか有能そうなお母さんだな

 

27:
シュートして跳ね返ったボールをもう1度シュートしたらポスト直撃だっけ?デビュー戦もう少しでいきなりゴールだったのにな

 

31:
鈴木武蔵ってメンタル強そうだな。
この家庭環境でよく真面目にサッカー続けたわ

 

153:
>>31
中島もっときついぞ

 

70:
スポーツで大成したからいいけど
運動音痴の黒人ハーフは辛そうだな
勝手に期待されそう

 

156:

>>70
一番つらいのは
肌色ではなく天パってみんないってた
あと英語苦手

ベースそばに住んでたから、黒人ハーフ多かった
彼らも普通に神楽を舞うよw

 

74:
武蔵がんばれ
卑劣なジャップに負けるな!

 

76:
日本ではインパクト残さなかったな
ベルギーで化けてくれたらいいなあ

 

77:
からかわれるなんて日本人でも同じだよ
俺も色黒だったからインド人とか言われたし

 

79:
本当に真っ直ぐ成長してくれてよかったな
容姿いじる奴は子供でも大人でもロクなもんじゃない
子供は大人が気にするなといっても気にしてしまうからな
幼少期に容姿をいじったりするのはものすごく罪深い事だと知るべき

 

-日本人

© 2020 サッカークロニクル Powered by AFFINGER5