その他

【北米サッカー】MLSとMX合併で巨大リーグに!激震!!!

注目ニュース

  1. HOME >
  2. その他 >

【北米サッカー】MLSとMX合併で巨大リーグに!激震!!!

1:

メキシコのトップリーグ・リーガMXのエンリケ・ボニラ代表(写真左)とMLSのコミッショナーであるドン・ガーバー。両者の利害は完全に一致したようだ
no title

北アメリカ大陸で、新たな動きがおこっていることをみなさんはご存じだろうか。
2026年に開催されるアメリカ・カナダ・メキシコ広域ワールドカップを前に、リーガMX(メキシコリーグ1部)とメジャーリーグサッカー(MLS)を統合しようとする試みである。

すでにその前段階として、昨年には両者のクラブによるリーグスカップが開催されている(今年はコロナ禍により中止)。アメリカ、カナダ、メキシコをまたぐひとつのリーグをつくる。
それは大陸全体を1つのマーケットにすることを意味し、新たな利益を生み出そうとする壮大なプロジェクトである。『フランス・フットボール』誌6月16日発売号でトマ・グバン記者がレポートしている。

●アメリカ市場はまだまだ伸びる

リーガMXのふたつのクラブ、アトラスとサントス・ラグナのオーナーであるアレハンドロ・イララゴリは、新しいリーグ構想に大きな期待を寄せている。
「MLSは順調に発展している。その市場は広大で、サッカーへの関心は高まっている。今こそ北米リーグの創設を考えるべきときだ。それは両者(メキシコとアメリカ)にとって大きなメリットがある」

たしかにイララゴリの場合は、彼が所有するアトラスが、この措置により降格を免れるという恩恵を受けた。
両国にとって大きなメリットがあると考えている人間は、実際にとても多い。そう考える勢力は、イララゴリがしばしばスポークスマンの役割を務めるメキシコサッカー協会においても多数派を占めている。

●リーグ合併の障害はどんなものがあるか?

一方、MLSからの公式コメントは何もないが、コミッショナーを務めるドン・ガーバーは、すでに昨年の時点で北米リーグの創設は「強力な力になる」と語っていた。
またある有力クラブの会長も、統合は「ポジティブな側面しか考えられない」と、匿名を条件にコメントしている。

実際、統合に向けての動きはスタートしている。

2018年には2026年ワールドカップ開催のためのパートナーシップが、アメリカとメキシコ、カナダの間で締結された。目的は「北米におけるサッカー人口を増やすため」であるとガーバーはいう。
そしてこのパートナーシップから昨年生まれたのが8チームによるリーグスカップだった。その第2回は、コロナ禍さえなければ規模を2倍の16チーム――参加資格はそれぞれのリーグの成績による――に拡大して、この7月21日に開幕するはずだった。

「リーグカップはふたつのリーグをひとつにしていくための第一歩だ」とガーバーは語っている。
ただ、リーグ創設までには障害もまた多い。その第一がカレンダーのすり合わせで、リーガMXが年2シーズン制であるのに対し、MLSは3月から10月までの1シーズンである。

ロジスティック面の整備も課題で、アメリカ東部からメキシコまでの移動は、東部からヨーロッパへの移動よりも距離が遠い。
また規約の統一も必要だが、この点でメキシコ側のオーナーの一部は、MLSが施行しているサラリーキャップ制に好感を抱いている

9/9(水) 7:01配信 ナンバー
https://news.yahoo.co.jp/articles/d7c436fd3fd1d9d4c84e9537e8717478901acd0f?page=1

 

2:

●アメリカ側は新たな客層の獲得を見込んでいる

いずれにせよ経済面では、MLSもリーガMXも統合がもたらす効果は膨大なものになると確信している。
MLSにとってリオグランデ(メキシコとテキサスの国境を流れる川)以南のチームとの対戦は、観客動員とテレビ視聴者の劇的な増加を見込めるうえに、クラブの知名度を上げる大きなチャンスにもなる。

リーガMXはアメリカでは、プレミアリーグ以上の人気を誇る最強のサッカーコンテンツである。人気面で遥かに及ばないMLSにとって、およそ3500万人のメキシコ系アメリカ人を新たなサポーターとして獲得するのはさらなる発展の契機となる。
近年、数千万ドルをかけてカルロス・ベラ(ロサンゼルスFC)やチチャリート(LAギャラクシー)、ロドルフォ・ピサロ(インテル・マイアミ)といったメキシコ代表のスター選手たちを獲得したのもそのためであった。

●メキシコ側は売上の増加を見込んでいる

他方でメキシコ側のメリットもハッキリしている。アメリカにおけるメキシコサッカーの人気の高さは、すでに多大な経済的恩恵をメキシコにもたらしている。
国際Aマッチの多くは今もアメリカで行われ、ほぼすべてが満員札止めである。リーガMXのクラブはアメリカでミニツアーをおこない、ドルをかき集めるのに余念がない。新リーグの創設は、その機会をさらに高めるだろう。

またピッチの上では、メキシコのライバルたちと日常的に対戦することにより、MLSのクラブのレベルが上がっていくだろう。何しろメキシコ勢は、北中米カリブ海チャンピオンズリーグのタイトルを、この14年間独占しているのであるから。
新リーグは世界のヒエラルキーにおける北米の地位を上げ、それが2026年に全世界の目をこの地域に集めることに繋がっていく。

ただ……かつてはディエゴ・マラドーナ(2018年9月~2019年6月、ドラドス・デ・シナロア)も監督を務めたクラブがあったリーガ・デ・アセンソ(メキシコリーグ2部相当/新リーグ創設後は23歳以上の選手登録が制限されることが決定している)が、
単なるU-23リーグになり下がってしまっていることに誰が気づくだろうか……。

 

3:

●両リーグの経営方式の違いを克服できるか?

ギレルモ・サマリパ(リーグ合併を推進する「マーケティング・ジャージー」社のディレクター)のコメント

――MLSとリーガMXの合併では誰がウィナーになりますか?

「それはアメリカだ。国内在住のラティーノはサッカーの一大消費者で、彼らはチーバスやアメリカ(ともにメキシコリーグのクラブ)が、(メキシコ代表の)カルロス・ベラがプレーするMLSのロサンゼルスFCや
(同じくメキシコ代表の)ロドルフォ・ピサロとチチャリートがプレーするインテル・マイアミ(MLS)と対戦する試合しか見たがらないからだ。MLSの人気を高めるためのプロジェクトとしては最適といえる。MLSだけだと成長にも限界がある」

――どんな問題が予測されますか?

「両者はDNAが相反する。MLSはひとりのコミッショナーのもとにまとまり、すべてがニューヨークに集中しているがメキシコは違う。それぞれのクラブオーナーが発言権を持ち、テレビ放映権もクラブごとに交渉をおこなっている。
構造面での違いも多々ある。だからこそリーグスカップが大きな意味を持つ。この合併という事業は、未来を切り開くためのラボラトリーであるといえる」

――2026年にむけてはポジティブな見通しが立ちますか?

「ことサッカーに関しては、これからの6年は密度の濃いものになるだろう。ワールドカップへの期待とともにサッカーが多くのファンを魅了する。だからリーグ構想は戦略としては素晴らしい。
合併によって生まれる巨大なリーグの魅力が、ファンの心を捉えるだろうことは間違いないからだ。両国に共通して適応できるサッカーリーグの経営システムを確立できるか否かが最大の鍵になるだろう」

これから楽しみだな

85:

>>1
FIFAが許すのか?

米・カナダ・メキシコの3協会の統制が不可能なリーグになるけど。

それとも、今の北中米と南米の協会を合併させて新たに米州協会作ってそこに直接新リーグの管理させるのか

 

88:

>>3
>MLSはひとりのコミッショナーのもとにまとまり、すべてがニューヨークに集中しているがメキシコは違う。それぞれのクラブオーナーが発言権を持ち、テレビ放映権もクラブごとに交渉をおこなっている

これは無理だな
日本のプロ野球とJリーグぐらいシステムと歴史が違う
両者が仲良くできないのは芸スポが証明している( ・`ω・´)キリッ

 

4:
行き来もできないのにどうすんだ。アメリカとカナダすら渡航できなくてメジャーのカナダのチームはアメリカで
試合しなければいけないのに

 

6:
アメリカ人は本当に興行が上手いから成功しそうだな

 

10:
国境に壁を!のトランプ大統領は怒り心頭じゃないのか。
サッカー自体も嫌ってそう。

 

335:
>>10
トランプはサッカーやってたし
昔のMLSにもがっつり関わってる

 

22:
サッカーだと弱いアメリカ中国ロシア
ついでに人口多いインドも
不思議だわ

 

27:
>>22
南アジアはスポーツ全般が弱い
平均身長160~165地帯なので
東南アジアも同じ

 

52:
>>27
クリケット強いじゃん
インド、パキスタン、スリランカがワールドカップで優勝してる

 

35:
>>22
ロシア、アメリカ弱くないけどな

 

40:
>>35
弱いよ
東欧の人口数百万人の超小国の方が強い
18年もアメリカは北米予選で敗退したし、メキシコ以外の出場国はアジア勢より遥かに弱かった

 

289:
>>35
どっちもサッカーよりはアイスホッケーの方が人気で実力も上だね

Generated by IJG JPEG Library

23:

アメリカ人気スポーツ世論調査 (ギャラップ)

調査年 アメフト バスケ  野球  サッカー アイスホッケー
1948   17%   10%   39%   *0%   *3%
1960   21%   *9%   34%   *0%   *3%
1972   32%   10%   24%   *0%   *5%
1981   38%   *9%   16%   *2%   *2%
1990   35%   15%   16%   *1%   *3%
2000   33%   15%   13%   *2%   *5%
2013   39%   12%   14%   *4%   *3%
2017   37%   11%   *9%   *7%   *4%
https://news.gallup.com/file/poll/224891/180104FavoriteSport.pdf?g_source=link_newsv9&g_campaign=item_224864&g_medium=copy

2017年内訳
野球   サッカー
全世代   *9%   *7%
18-34歳   *6%   11%
35-54歳   *7%   10%
55歳以上  14%   *1%
https://news.gallup.com/poll/224864/football-americans-favorite-sport-watch.aspx

 

311:
>>23
これみると昔のアメリカ4大スポーツは
野球、アメフト、バスケ、アイスホッケー
だったのが今では
アメフト、バスケ、野球、サッカー
になっているな
既に野球とサッカーの順位が逆転してるかもしれない

 

315:
>>311
それもう20年以上前から言ってるけど未だにプロリーグは全く人気ないどマイナーだから永遠に無理だよ

 

31:
マテュイデイとイグアインがベッカムのクラブ行きだろ、マジですげえよな
GAFAが本気なれば、シティ、PSG、チェルシーとかすぐ抜きそう
アップルは今お金いくら持ってるか知らんけど、キャッシュだけで十何兆円持ってるはず

 

220:
>>31
何を抜くのか知らないがCL出れないんだから一流が全盛期に流れてこんだろ

 

34:
オランダとベルギーの合併構想もあったな
世界中で合併がトレンドになると、JとKをくっつけようという勢力も出てきそうなのが嫌なんだよなぁ

 

38:
>>34
陸続きじゃないし大丈夫だと信じたい

 

39:
>>34
ベルギーとフランスの合併の構想も聞いたことあるな

 

56:
>>34
そこはルクセンブルクを加えてベネルクス3国ってもともと結びつきが強いから

 

188:

>>34
日本にとっては何のメリットも無いからな

でもいつもの悪癖で
日本が救いの手を差し伸べてしまう可能性はある

 

54:
よしJリーグとKリーグとCリーグ合併で対抗だ!

 

55:
>>54
Cリーグメリットゼロで草

 

91:

アメリカが勝てばいいけど
サッカーの場合メキシコが勝ちまくる可能性もあるからな

屈辱だろw

 

121:

>>91
そうとも限らんだろ。巨大なアメリカにずっとサッカーで勝ってきたのがメキシコの誇りだった。

しかしW杯ベスト8かけたメキシコ対アメリカのまさかの直対発生し、負けてアメリカに初のベスト8を奪われる屈辱だった。
今でこそメキシコが盛り返してるが、4年前は逆にメキシコがW杯予選落ちの危機になり、アメリカはUSAの合唱で盛り上がった。次のW杯はどうなるかわからんし、クラブ対決も一筋縄ではいかんと思うよ。

 

126:
>>121
メキシコはベスト8入りは経験してる

 

99:
こんなのやったらリーグ戦上位はメキシコのクラブばかりになる
MLSって一昔前のイングランドわぁわぁサッカーだし
イブラとかはそれにハマるけどw

 

-その他

© 2020 サッカークロニクル Powered by AFFINGER5