レジェンド

【三浦知良】53歳で現役を続けられる秘訣とは

注目ニュース

  1. HOME >
  2. レジェンド >

【三浦知良】53歳で現役を続けられる秘訣とは

1:

■「情熱がある限り」

三浦はめったにけがをせず(フランコ・バレージに激突した時は例外)、体調管理に気を使っていることで知られる。BBCの取材にも、練習後にガウン姿でアイシングのパックを手に、足を冷やしながら応じた。

「もちろん、若い人と比べて回復にかかる時間は長くなっています」と彼は話す。「でも、大変なことは大変ですが、試合に出たいという情熱は持ち続けていて、それがある限りは現役を続けたいと思っています」。

体調のほかにも、三浦の突出して長い選手人生をつくっているものがある。彼の人気の高さだ。

1998年のW杯本大会への初出場直前、三浦は代表チームから外され、彼のスーパースターの地位に厚い同情が上積みされた。だが、より重要なのは、彼が単にいい人として知られていることだ。

雑誌JSoccerのアラン・ギブソン編集長は、三浦と1993年に初めて会った。彼がヴィッセル神戸でプレーした2000年代初めには、三浦が出場した親善試合で何度も、審判として笛を吹いた。

「彼は競技場では紳士でした。彼の試合で審判を務めるのは本当に楽しかった」とギブソンは言う。

「みんな彼が大好きです。彼は『キング』ではありますが、W杯に出ていません。さらに、横浜で長年プレーしていますが、最近は誰もが嫌がるチームで優勝を果たしていません」

■日本社会を反映したキャリア

この人気が、横浜の試合の観客数を押し上げている。「彼がプレーするとわかると、3000人や4000人は観客が増えます」とギブソンは話す。そして、多くのスポンサーを引き寄せている。

そのことが、三浦の長寿の最後の理由につながる。日本社会にみられる、敬意に満ちた、または感傷的ともいえるであろう側面だ。

あるチームの監督はBBCの取材で、三浦を称賛すると同時に、「キングカズ」が横浜の「パンダ」になっていると話した。選手として真剣に考えるのではなく、客寄せの役割を担わせているというのだ。

カップ戦では2試合出場している三浦だが、リーグ戦では今季まだ出番がない。昨年も3試合に出場しただけだ。

ショーン・キャロルは、三浦の経験が横浜のロッカールームでは貴重だとしつつ、彼の極めて長いキャリアは日本社会を広く反映したものとの見方に同意する。

「日本では序列がとても大事で、カズほど貢献した人であれば、望む限り何年でも契約を更新できる」とキャロルは言う。

「ファンやメディアはよく、彼について『努力している』、『刺激を与えている』と言い、『何だって可能だ』という一種のおとぎ話を現実のものにしている。それもまた、広い意味で日本文化を反映している」

■15歳の少年時代よりも

だがそれでも、三浦の現役生活の長さを完全に説明したことにはならない。来る日も来る日も、三浦が53歳という年齢による痛みの限界を越えられる理由は、サポーターでもスポンサーでもないのだ。

三浦はよく、長い現役生活の「秘密」は何かと質問される。彼は秘密など無く、努力と献身があるだけだと主張する。しかし、私たちの最後の質問に、秘密が浮かび上がったと思われる。

横浜で毎日練習を続ける53歳のカズは、わずかなポルトガル語しか話せず、それでも夢いっぱいでブラジルに渡った15歳の少年と同じくらい、ボールを蹴るのを楽しんでいますか?

「はい、いつも楽しんでいます」と彼は答えた。「ブラジルにいたときよりも、今のほうがもっと情熱も持っています」。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cae8e78008ef4ac50c755824cf7fd115831c1b01
no title

THE 漢

11:

>>1
すでに戦力としてより客寄せパンダと
若手への刺激への期待のみ

さらに「指導者」や「協会理事」のオファーが来ないほど人望がないのが最大の理由だな

岡ちゃんに帰された経緯を思い出せばよく分かる
とにかく人間性がひどい
荷物台車に西澤とふんぞりかえって
若手に押させて遊んでる姿を見て
「こいつはダメだ」と確信した

単にこのまま引退だとカッコ悪いから
なんかカッコ言い事言いながら
辞められなくなってるだけ

 

139:
>>1
三浦知良【キングカズ】は全国民の【夢】だから

 

3:
膝が動くのが奇跡

 

10:
50歳以上のワールドカップとかやったら無双するのかな
さすがに過去のレジェンドももう動けないやつばかりだろうし

 

12:
5年くらい前に前園がカズのキャンプに帯同したら吐いてたな

 

13:
カタールW杯出してあげよう
ドーハの悲劇思い出すんだ

 

14:
カズ連れていってW杯で世代交代が一番理想やったな
おかげで城がひどい目にあった

 

15:

> 「日本では序列がとても大事で、カズほど貢献した人であれば、望む限り何年でも契約を更新できる」

それ+スポンサー引っ張ってくる力だね
兼ね備えていたらいつまでもやれる事をカズが立証した

 

16:
去年あたりからハッキリ言ってさすがにもう走れなくなってて厳しい
でも今季出たカップ戦であわやゴールというシュート打ったりと
要所で絡むとまだまだ仕事出来るね
てか、50過ぎても十分戦力になってたのは凄すぎるわ

 

17:
若い子使ってあげてよ

 

19:
>>17
心配しなくてもリーグで若手が活躍してるよ
それもカズや俊輔みたいなベテランがいるからだろうな

 

24:
選手登録だけして現役気取ってる
ゴン中山よりはマシ

 

26:
>>24
あれはたぶん沼津に頼まれたんだよ
J3昇格基準にある観客動員のためにね

29:
出るだけなら誰でも出れる
活躍しないと意味ない

 

42:
さすがにリーグ戦では今季はベンチにすら入らないからな

 

44:
シュート打つだけで褒められる
バックパスするだけで褒められる
走るだけで褒められる

 

46:
URLの画像を観ると53才の屋外スポーツ選手とは思えないな
普通は皮膚や頭髪を太陽光でやられるもんだが手入れが良いと見えて一般人53才よりか若々しい

 

47:
53歳でもプレーできるのがJリーグ
活躍しなくてもいいし点も取らなくてもいい

 

52:
気力はあり「おれはまだやれる」そう思っても、あたりまえだが年齢は重ねられていく、としはとっていく。動体視力がだめになり、筋肉(筋肉は足に大部分がある)は衰え、走るスピードや瞬発力がだめになっていく。生物なので、人間なのでしかたのないことだ。
記事にあるように彼の人気と自身のトレーニング、体調管理の努力が現役選手であることを継続させている。
そしていうまでもなく、三浦知良の人気は彼の人間性に拠っている。芸能人だって芸ごとの能力を売ってはいても、つまるところパーソナリティに惚れてもらってなんぼの商売であり、これはスポーツ選手も同じだ。

 

53:
スポンサーひっぱってこれるならそれも力だからねえ
別に試合だせって監督批判するわけでも
自分の権力発動させようとか
チームに大きな害があるわけでもないからいいんじゃない

 

62:
出ても試合終了前の数分が多いじゃん
ゴールもアシストも無い
戦力ではない

 

66:
この年まで毎年膝を酷使してたら膝の軟骨が変形したり擦り減ったりして
炎症と激痛で足を上げることすら出来なくなるのが普通だろうに
凄い

 

73:
オッサンになるとカズの凄さ分かるよ

 

80:
プロサッカー選手としては低いけど、53歳の男性としては驚異的な身体能力だよね

 

82:
弱小クラブの営業ツールとしては優秀
いるだけでクラブの露出増えるし集金できる

 

88:

W杯に出られなかった性で
引き際を失っちゃったんだろうな
数年前にTVニュースで見た時に
流石に走り出しの加速が遅いなと思った。

俺40代で筋トレしてるけど
歳取るとホントに回復が遅くなる。代謝が落ちるからかな?

 

97:
毎日毎日若い選手と練習して
自分の衰えを感じて引退する
それが無いわけ無いので
ちょっと感覚がおかしい。

 

99:
>>97
チームメイトは褒めるし、マスコミにも取り上げてもらえるし、文句言える人がいないから、辞めたくならないと思う

 

105:

俺の予想

カズが引退する時、国民栄誉賞を貰えると思う

 

109:
誰もが引退しろと思ってても言えないんだろ
とりあえずチームに置いてちょこちょこ使ってれば客寄せにもなるしな

 

117:
もう呆れ果てるを通り越して
今は70までやってほしいと願っている俺がいるw
絶対にやめるなやめさせるなよ

 

120:
引退せず練習中に倒れて死んで生涯現役になる気がする

 

130:
そもそも50過ぎたらサッカーできないっていうほうが偏見

 

133:

カズは本当に凄い。

少なくとも見聞きする範囲では、偉ぶった態度もないのがよい
若い頃より好感度が増している

現役を続けられるのは、走る力を維持しているのが凄い。

 

137:
このスレにいる人は50歳を超えて、
10キロ走ったり、ダッシュをしたり、
それからサッカーの練習もしたら、
どれだけ凄いかわかるだろう

 

147:
W杯の時外されたのが納得できず、成仏できなくなってしまった。

 

152:
公式戦にフル出場すればさすがに「もうダメだ」となるんだろうが、短時間だとなまじ動けるだけに「まだ出来る!」になっちゃうんだろうな
一対一の競技なら「体力の限界」も如実にわかるが…

 

-レジェンド

© 2020 サッカークロニクル Powered by AFFINGER5