Jリーグ

【サッカー】東大Jリーガー 久木田紳吾の生い立ち、嫁は〇〇

注目ニュース

  1. HOME >
  2. Jリーグ >

【サッカー】東大Jリーガー 久木田紳吾の生い立ち、嫁は〇〇

1:

プロサッカー選手になりたい――。幼い頃からボールを蹴ってきた人であれば、一度は思い描いた夢だろう。しかし、現実は厳しい。サッカーのプロ選手になるのは、確率的には日本最難関・東京大学に入るよりも難しいといわれる。その狭き門をくぐり抜けた選手の経歴は多種多様。エリートコースを歩んできた者もいれば、下から這い上がってきた者も少なくない。その中で勉強とサッカーを両立させ、異色のキャリアを歩む人物がいる。昨季限りで現役を退いた久木田紳吾氏だ。幼い頃から文武両道を貫き、東大出身者として初のJリーガーとなった。なぜ、久木田氏は両方を極められたのか。その学生時代を振り返りながら、勉強とスポーツの相関性について話を聞いた。

(インタビュー・構成=松尾祐希、写真=THESPA)

勉強は好きではない。それでも学力を維持する方法
久木田がサッカーに出会ったのは小学校3年生の時。地元の熊本YMCAでキャリアをスタートさせ、サイドバックを中心にFWとしてもプレーした。当時を振り返り、「指導者の言う事を真面目に聞く、ただの良い子」だったという。ただ、県選抜に選ばれるような実力はなく、うまくなりたい一心で夢中でボールを追いかけた。

一言でいえば、どこにでもいるサッカー少年。一方で勉強を疎かにするようなことはなかったという。

「目立ちたい。親や先生から褒められたい。良い点を取りたい。良い成績を残したい。誰にでもあるような欲求かもしれないけど、そのために勉強を頑張る。授業では積極的に手を挙げる子で、そういうことをしていたら自然と良い成績を残していましたね」

子どもの頃に誰もが抱く感情が久木田少年を机に向かわせる。特に予習や復習をしていたわけではないが、宿題と学校の授業をきちんとこなすことで安定した成績を残していった。

中学校に入っても文武両道のスタンスは変わらない。サッカーは引き続きYMCA熊本でプレー。ポジションはボランチとなり、中学2年生では初めて県選抜に選出された。頭角を現していくと、上を目指したいという欲が出てくる。しかし、簡単に物事は運ばない。サッカーを始めて6年目にして挫折を味わってしまう。

「上のレベルでやりたいと思っていた中で、やっとの思いで県選抜に選ばれてうれしかったんです。だけど、県選抜でジュビロカップという大会に参加したのですが、とにかくレベルが高かった。ボランチで出たけど、まったく通用しなくて……。東京都選抜にFC東京U-15でプレーしていた吉本一謙(現清水エスパルス)がいたんです。U-15日本代表にも選ばれているだけあって、技術的にもフィジカル的にもレベルが違いましたね。日本のレベルは高いと感じて地元に帰ったのを覚えています。この経験は大きかったですね」

初めて知った全国のレベル。この経験をきっかけにプロサッカー選手になる気持ちは急速に萎んでいった。

サッカーで挫折を味わった一方で、勉強への取り組みは変わらなかった。宿題と授業だけでコツコツと積み重ね、県内トップクラスの高校を狙うだけの実力を蓄えていく。

ただ、ここで疑問が生じる。なぜ授業だけで学力を維持できたのだろうか。ポイントは集中力にあった。

「授業を聞いていない、授業中に寝ている。そういうことをせずに授業を『絶対に聞いてやるぞ』という思いで取り組めば、成績は絶対に上がるんです。これを言うと、『頭が良いからできる』という人もいますけど、僕の考えは違います。全部授業を聞いて、わからないことは先生に聞く。そうすれば、ある程度は授業についていけるはずなんです」

久木田は決して勉強好きではない。しかし、常に全力で学び、学力を維持してきた。そうしたスタンスが後の人生に大きく関わってくるのだが、それはまだ先の話である。

全文はソース元でhttps://news.yahoo.co.jp/articles/f1f71503398942aac60df63935d8f31c114c5bf0

THE文武両道

3:
東大出身者初なの?

 

13:
>>3
東大行ったらスポーツ選手になるより頭使う仕事した方が成功する確率高いしなぁ
数年前も藤枝MYFCってJ3のチームに数年間東大出身の人が居たけど今は実業家らしいし

 

7:
顔もまあまあ格好いいな

 

15:
東出昌大に見えた奴続出

22:
どんなプレーするのかと思いきやかなりの脳筋プレーなのが意外だったな

 

26:
大都会サポからしたら選手としてどういう評価だったんだろ
あんまり足速くなくていつも後ろ狙われてたイメージ

 

65:
>>26
FW時代にアウェイ神戸戦の80分0-3から2点立て続けに入れて結果引き分けにした立役者だったのが印象的かな
若いうちに松本へ修行しにいった時に全治半年の大怪我を負ってスペ体質になってしまったのが残念だった
将来フロント入りして社長かGMになって欲しかった

 

32:
十分凄いんだけどやっぱり東大卒のJリーガーでしかなかったな

 

38:
岡山では主力の時期もあったけど長続きはしなかったな

 

40:
ちなみに元サッカー協会の岡野氏はじめ東大出身者の日本代表は何人もいる
大昔の話だけど

 

42:
>>40
いるのかよ

 

56:
>>42
そもそも代表の青シャツって戦前の東大のユニ(淡い青)からの、って
流れもあるんじゃなかったっけ
当時帝大から代表に多く選ばれてた

 

41:

基礎能力に加えてこの効率と行動力。どこいっても成功するだろこんなの。鹿島での練習も「ツテをたどって」って何気なく書いてあるけど、簡単じゃねーぞそれ。

> 3年次に都市デザインなどを学ぶ工学部都市工学科に進むと、より一層机に向かう時間が増える。時期によって異なったが、研究が立て込むと学校に泊り込む場合もあったという。
>
> 勉学に励みながら、サッカー選手になる上でも重要な時期を迎えていた。スカウトの目に留まらないといけなかったからだ。しかし、声を掛けてもらえず、自分で動くことを決断する。ルートがなかったため、東大のOBでもある代理人に相談。自身のプレー動画集を各クラブに送ることを提案され、そこから複数のチームに自作のDVDを郵送していった。

 

45:
中学時代、勉強はできるけど運動は苦手って奴はまず東大に入れない
高校で地元のトップの進学校に入ると授業の速さと量に「体力」が追いつかなくなる
「体力」ない奴は現役だと駅弁が関の山で、浪人して地帝に入れば頑張った方
2次試験の4教科でトップの成績を取れるくらい勉強できる「体力」が有る奴だけが東大に入れる

 

47:
>>45
それなんかわかる
妹が浪人して国立医学部に行ったけど毎日10~15時間勉強してた
俺も真似してみたけど頭や尻痛くなったり朝起きれなくなって3日ともたなかった

 

50:
>>47
体力無い奴は何浪しても東大や医学部の合格圏内に届かないんだよな
合格圏内に近づいてもその学力維持するための勉強量を維持する体力が無い

 

53:
サッカーではたいした努力をしていなかったので日本の全国レベルでまったく歯がたたず
東大の試験には受かる努力はしたので東大にはいったと
それなのに選んだ職業がプロサッカーって
なんというか
この人の東大とかプロサッカー論って
よくわからないんだが

 

54:
東大出の野球選手は確か6人いたはず
サッカーはやっとこさ2人らしいから、やっぱ底辺スポーツであることがよく分かる

 

60:
当時のファジアーノ岡山の社長さんも東大卒だったから
それもあって岡山は久木田を獲得してくれたのかな

 

63:
海外のサッカー選手ですごいやつって大抵底辺から上がってきてるよね
小野もそんな感じみたいだし

 

76:
東大入る頭でもサッカーは理解してプレーできないんだな

 

79:

現役浪人合わせて同級生の6割が東大に進む中高に通ってたけど
教科書がどうだの全然ピンとこないわ

そんなことよりも重要なのは家の経済力だとか親の社会的身分だとか
そのへんが何よりも大きいという気がしたけどなあ

そういう家の親が子供が「やるべきこと」をしっかりと準備して着実に教えこむ
そして当然というばかりに社会的ステータスを継承する

だから兄弟がいればみんな高学歴になるという
そういうのが本当に幸せな人たちだと思えてならなかった

だから恵とか出川とか(家が金持ちらしい)そういう人が
生き残っているのを見てそっちの方が妙に納得できる感じがする

 

-Jリーグ

© 2020 サッカークロニクル Powered by AFFINGER5