Jリーグ

【オルンガ】もう15点目、得点王に俺はなる!

注目ニュース

  1. HOME >
  2. Jリーグ >

【オルンガ】もう15点目、得点王に俺はなる!

1:

 ◇明治安田生命J1第15節 柏3―0G大阪(2020年9月9日 三協F柏)

J1柏はホームでG大阪を3―0で下した。公式戦3試合ぶりに先発出場したケニア代表FWオルンガ(26)が、前半2分に先制弾をたたき込むなど得点ランクトップの15点目。開始早々からの素早い得点劇に「最初からハイプレスでいこうと話していた。素晴らしいパスから、得点を決めることができた」と振り返った。

今季出場14試合にして15点目。まだシーズンの半分に満たない中、すでに昨季J1得点王のFW仲川輝人(横浜)らの15得点に並んだ。オルンガは「得点は一人ではできない。チームメートのおかげで生まれている。これからも仲間と支え合いながら、得点を続けていきたい」と先を見据えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a2a7bbc14597692222bb0e36385d5180526350b8

移籍しなければあなたが得点王

43:
>>1
目指せ30ゴール

 

2:
来年はJにおるんか?

 

35:
>>2
来年どころがここ数週間でいなくなるかも
後は違約金の設定だけど柏は結構高く設定しているから安売りしないかな?

 

4:
ナメック星出身だからこれくらいはやるだろ

 

5:
神戸が欲しがりそう

 

6:
まだまだJ1で通用してない J2レベルだ

 

7:
途中移籍でも得点王取る気

 

9:
すごいなー

 

10:
オルンガ移籍しないの?

 

11:
オルンガはいい選手だよな

 

12:
得点王いけそう

 

15:
欧州の夏の市場で抜かれるんじゃない?
ちゃんと今シーズンはいてくれるんだろうか

 

17:
フィジカル系の外人選手はJで活躍するよね
逆にテクニシャン系や動き出し系は欧州で活躍した選手は活躍しにくい
逆に同タイプでも欧州でそこまでパッとしなかった選手が活躍したりと
まあそこは年齢が関係してると思うが

 

18:
フッキやエメルソン以来の破壊力だわな

20:
今日もハット出来るチャンスはあった

 

21:
ちなみに去年のマリノスのシーズン総ゴールが68

 

22:
柏の外人当たり率が新潟並になってないか

 

23:
オルンガと伊東がいたのに降格させた絶望w

 

40:
>>23
こう考えるとやっぱりすごいな加藤絶望

 

24:
木白のスカウト優秀杉だろ

 

25:
去年って15点で得点王だったの?
FWが酷いのかDFが優秀なのか

 

26:
ボーナスステージ休ませたのはゴンの記録抜いちゃうからかな。

 

27:
シーズン始まる前から得点王いけるのでは?
って感じだったしね

 

29:
まだまだ点とりそうな雰囲気は出ている

 

31:
オルンガがおるんか

 

32:
オルンガ柏に残ってくれたの?

 

33:
フッキ2世

34:
去年しょぼすぎ

 

36:
このままシーズン終了までJに残ってくれたら30点とかいくかもしれないのか
下位のチームの総得点並み

 

37:
対戦相手は皆こう聞く 「オルンガがおるんか、そこに愛はあるんか?」

 

38:
むしろ去年が少なすぎ

 

39:
移籍はどうなったんだろうか

 

41:
移籍決まっても2週間隔離とかあるんだろ。早く決めなきゃいけないな

 

42:
残るんじゃないの?

 

44:
足速くて体強くて高さあって足元もそこそこある
狙ったコースに打ち切れるし横に動かして打つ時少ないステップで大きく動かして打てる

 

45:
オルンガズムに達しそう

 

46:
B級外人が無双するJリーグ(笑)
Jリーグの得点ランキング上位B級外国人ばっかじゃん

 

48:
>>46
オルンガは中国リーグ最下位のベンチ外

 

47:
3億円以上かけて獲得したらしいから安値で放出はしないだろうな

 

51:

・ナイロビのスラム育ち。21歳までそこで生活
・8歳のころ、父と死別。父の言葉「目標を持ち努力すること」を今でも守り続ける
・14歳までストリートサッカー(Babadogo Primary schoolに在学)
・Upper Hill secondary school(全寮制の名門進学校)に進学
・進学校なので朝に練習、あくまで学業優先しつつも所属クラブを全国レベルに押し上げる活躍
・世代別代表は「ハンドボール」なら経験あり(U-17ケニア代表)
・中等教育修了試験でA-取得(上から2番目のランク。C+以上で大学進学可能)、大学進学へ(ケニアの短大・大学進学率11.46%)
・パイロットを目指してTechnical University of Kenyaへ進学、専攻は空間地理工学
・母から反対されるも、在学中にプロへ。国内でステップアップしながら学士も取得
・プロになって、母親のために安全な地区に家を購入した
・モットーは「常に全力をつくす」。そしてクリーンなプレーを心掛けている
・毎年地元で「マイケルオルンガトーナメント」を開催。目的は、「目標を持つこと、努力の大切さを理解してもらうため」
・自身のスターは、ロビン・ファンペルシーとネルソン・マンデラ
・コロナの中断中、ナイロビの低所得地域に生活必需品を寄付

そんな普通のケニア人、それがマイケルオルンガ

 

52:
デカいくせに
裏抜け上手いんだもん
やんなるわ

 

-Jリーグ

© 2020 サッカークロニクル Powered by AFFINGER5